月詠龍

エントリー

カテゴリー「写真」の検索結果は以下のとおりです。

これまた先週のお話ですが……
ザバうた友の会、そしてZABADAKカバーライブへと行ってきました。

まずは朝のザバうた友の会。
99年のbiosphereオフィシャル掲示板で関西を中心に
ZABADAKファンのコミュニティが生まれたのがきっかけでできた
歴史のある集まりみたいです。

僕も存在は最近知ったのですが、ファンの方からお誘いを受けたので
今回思い切って初参加。

 

入り口の案内ボード……ザバうたではなく"サバ"うたになってますね(笑)

どういう事をやるのかあまり良く知らずに行ったのですが
演奏できる人は楽器を持ち寄り、歌える人は歌って
緩やかな連携を楽しみつつまったりトークをする……といった内容でした。

相当昔からのファンの方もかなりいらっしゃっていて
自分はまだまだ浅いんだなぁ……って感じつつも
ZABADAKの音楽への愛は負けてないので
いつも絵を描きながら歌っている時のように歌いました。

 

この時に演奏、歌った曲リスト(結構略した書き方が多いですが)
MOON時代の名曲から最新のアルバム曲まで、といった感じ。

自己紹介のときにリコーダーでポーランドの練習中です、と言ったら
休憩時間のときに他の方たちが練習に付き添ってくださって
とても嬉しかったです……!いつか風部デビューするぞー!!

うた会が終わった後は時間のあるファンの方々と
新宿御苑でレジャーシートを敷いてお昼、と楽しいひと時を過ごしました。
こんなに遠足気分になったのはどれぐらいぶりでしょうか(笑)
実はこの時のメンバーの中に、自分が5月にデザフェスに出展していた時に
偶然来てくださっていた方がいて意外なファン繋がりにびっくりしました。

そしてこれまた去年デザフェス出展時に来てくださって知り合った
詩樹さんと会話していて、この日にZABADAKカバーライブが開催されることを知る。
席が開いているかどうかわからないので行く予定はなかったのですが
どうやらこの時ご一緒した碧宇さんが都合でライブに行けなくなってしまったようで
ライブ主催の方に問い合わせたら予約OKとのことで急遽行くことに。

しかし開場は夜なのでそれまでどうしようか……と悩んでいたら
これまた急遽カラオケに行くことに。
その場のノリで行動を決めるのも楽しいですね(笑)

詩樹さん、普段ZABADAKカバーでステージで歌っていらっしゃる方なので
隣で聴いていてその歌唱力に感動しておりました。

 

そして良い頃合いになったのでカバーライブ開場の高円寺グレインへ。
ほぼ満席になっていて、これは今日知って入れたのは幸運だったなぁと。
本当にありがとうございます。

「八月(まなつ)のパーティ」ならぬ「六月(ひなが)のパーティ」……
良いタイトルです。

 

ステージには福島の写真。
福島といえば、ZABADAKの小峰さんの故郷ですね。

メンバーが登場し、オープニングに合同セッションで
「銀河鉄道の夜」と「風の巨人」を演奏。
いきなりメンバー全員の魂の篭ったカバーを聴けて気分が盛り上がる。

1番手は赤井企画。
ロック系の曲を中心にカバーされているバンドさんで
今回のセットも「嵐」「ひと」「TinTown」となかなか渋い選曲。
ずっしりと重みのあるアコギとエレギの音色がかなりカッコいい。

2番手は桜組。
元々「桜」を演奏するために仮の名前でついたバンド名とのことだったのですが
吉良さんが「その名前いいんじゃない?」って言ったのがきっかけで
そのまま桜組という名前がついたとのこと……なんとも吉良さんらしい(笑)

いきなり「秋」を演奏されててびっくり。
11分以上もある壮大なこの曲をギター2つにアコーディオン、ピアノという
編成だったので、なかなかすごい挑戦だなぁと思いつつ
その音数でどのように演奏するかなどの工夫を感じつつ
たっぷりとカバーを楽しませていただきました。

3番手はらいらっく。
「光の庭で」などの命をテーマにした選曲を中心としつつ
「.ここが奈落なら、君は天使」が来た時はびっくり。
本家とはまた違った、カバーならではのアレンジもすごく良いなぁと
聞き入っておりました。

そして最後は再び合同セッション。
「遠い音楽」や「五つの橋」などの名曲カバーに
まさかここでも風部入り「ポーランド」をされるとは……!

アンコールは「Easy Going」と、ZABADAKライブのときと同じように
大盛り上がりで楽しませていただきました。
最後は「光降る朝」を会場含めて合唱。

当日に知ったライブだったので、メンバーをよく知らず
ザバうたのようなファンコミュニティのような感じのを想像してたのですが
昔ZABADAKライブのスタッフやっていた方がいたり、吉良さんと知り合いだった方がいらっしゃったりと
濃い繋がりがあり

なによりザバ魂の篭ったカバーに感動しつつ
自分が恥ずかしくなってしまいました。
(ZABADAK30th、31stライブにも出演していた日比谷カタンさんが
会場に来ていたのには驚きました)

この日は本当に一日中ZABADAK三昧で過ごすことができて
とっても楽しかったです。

ZABADAKの音楽はいろんな人達に歌い継がれていくんだな、と
改めて感じました。

デザインフェスタ45無事に終了しました!
時期がM3直後だったこともあり、新作を出せるかどうか不安でしたが
なんとか間に合わせる事ができました。
M3で頒布できなかったシングルも今回はしっかり紙ジャケットで用意。
結局今回も修羅場続きとなってしまいました……

月詠龍ブース

終了間際に撮ったものですが……当日のブースの様子。
後ろの右側の絵は桜楓を制作し、1日目のお手伝いをしてくれた
じゅねちゃんに描いてもらいました。

不安な1と安心な2

そしてM3で頒布することができなかった「不安な1と安心な2」のコーナー。
当日はPV映像を流していました。
アルバムは、フライのネタに見えるかなと、そばざるに置いてました。w


1日目の土曜日、今回は別サークルで参加していたつきよがラムネ君と一緒に
来てくれました、あの時から1年ぶりの再開……!!
また会うことができただけでもとっても嬉しいのに
いきなりとっても嬉しいサプライズが……!!

neOの子!

な、なんと「不安な1と安心な2」アルバムリリース記念に
ジャケットやPVに描いたあの白い幻獣のチャームを
作ってきてくれました……!!
しかも両面デザインされていて、PVの世界観がしっかり表現されていて……
もう喜びと驚きと感動がいっぺんに来て、この時すごい声出しちゃった気がします……w
この時は堪えてたけど、帰ってめっちゃ泣きました。
今回も見事にやられた朧烏さん。

メローネたんとチェリーたん

さらに僕の愛するメローネたんとチェリーたんまで……!!
あああ……間にはさまってそのまま昇天したい……可愛すぎる……
あまりの興奮によくわからないテンションになってた気がします。

やられっぱなしではいられないので
今回もこちらもつきよにちょっとしたサプライズを用意しました。
喜んでくれていたみたいで良かった。

今回も色々な方がブースまで来てくださって嬉しかったです。
中には意外な方や、初めてイベント出展されたフォロワーさんも来てくださり
差し入れや可愛いグッズをいただいたり……本当に嬉しかったです!

最後にみんなを誘ってふえ吹き野うさぎさんのミニライブへ。
話し込んでいたら行くのが少し遅れてしまい、笛の音を頼りにブースへ。
つきよが好きな「しずくあめ」がちょうど終わるタイミングになってしまったのですが
なんと特別アンコールで最後にもう一度しずくあめを演奏してくださり
つきよ大喜び。僕もとっても嬉しかった!
つきよは1日目のみ参加なので名残惜しいけれどここでお別れ……
とっても寂しい気持ちのまま、2日目へ。


2日目の日曜日、想碕さんが急遽手伝ってくださる事になって
M3のリベンジを!と意気込んで参加してくれました。
本当に助かりました……!!

この時は少しだけ他のブースに向かう余裕があったので
周ってみたのですが……やはり今回から東ホールになったのもあって
なかなか慣れずに少し迷ってしまいました。
今回もお世話になっている方のところに行くのがやっと……

2日目の終了間際、なんとちくたくでジャケットを描かせていただいた
paris*paris*tarteのInoさんがいらっしゃってびっくり!!
想碕さんも含めて音楽に関するお話を色々と聞くことができて
本当楽しかったです!!
PVも見てくださっていたようで……!!

そしてちょうどふえ吹き野うさぎさんもいらっしゃって
最後に2日目もみんなで野うさぎさんのミニライブを見にいきました。

アンデスとふえ吹き野うさぎさん

今回も素晴らしい演奏、ありがとうございます!
ふえ吹き野うさぎさんが出展している時のデザフェスは最後に
野うさぎさんの演奏で締めくくり、が自分の中で定番化しつつあります。

今回のデザフェスは色々と嬉しい事が沢山あって、本当に幸せでした……!!
絵と音楽の繋がり、そして
絵で音を紡ぐという目標に一歩一歩着実に近づいているのが実感できました。
ありがたいことに、今後の制作も予定が決まってきているので
これからも月読龍は精力的に絵と音楽のコラボレーションを目指して
活動していきたいと思います。

先日、ピアノサロン馬車道で行われた
「ぬいぐるみさんのための演奏会」に行ってきました。
いつもお世話になっているアマギセーラさん
今回お歌で参加されるとのことで……!

馬車道付近

横浜は何度か行ったことはありますが馬車道で降りるのは初めて。
駅はレンガ造り、街並みも和洋折衷の建物が並んでおり
とてもおしゃれな雰囲気。
 
馬車道を通りつつ早速ピアノサロンへ。

クマネコちゃんたち
 

入り口では可愛いクマネコちゃんがお出迎え!

ぬいぐるみさんたち 

沢山のぬいぐるみ さん達に囲まれたおしゃれな空間で
ゆるやかに演奏が始まります。
この演奏会、今回で第6回目だそうで。

今回は色々な演奏者さん達が参加されており
中でも初めて見る「ライアー」という楽器は
リュートのような落ち着いた音色でとても印象的でした。
(演奏者さんもパンダさんを被っていて印象的でした。w )

そしてアマギセーラさんの歌は新曲の「ぬいぐるワルツ」!
とってもキュートな歌声で、 まさに沢山のぬいぐるみさん達に囲まれた
演奏会の雰囲気にぴったりの曲!
続いて「澄み渡るクオリア」「チューリングマシンとオラクル」では
美しく幻想的な歌声で紡がれる世界観に聴き入りました。

僕の大好きな民族調コーラスの歌手さんとして以前からCDで聴き続けており
何度かイベントでもお話させていただいてたのですが
今回ようやく生の歌声を聴くことができて大変感動しました……
いつも本当にありがとうございます!!

アマギセーラさん! 

そして演奏後、記念に1枚撮らせていただきました。
アマギさんの所の子たち、こいぬのぽゆちゃんと
こぱんだのランランちゃんも一緒!

きつねさん 

ぬいぐるみさんのための演奏会、ということで
今回僕もうちのぬいぐるみさんを連れて行ってました。
北海道のお土産に譲っていただいたお気に入りのきつねちゃんです。 

 

先日、歌舞伎を観に行ってきました。
といいつつ、ブログには書いてないだけで
ここの所毎月のように歌舞伎を観に行っていたりするのですが
今回は特別な事があったのです。

今月観に行った演目は夜の部で「傾城反魂香」「帯屋」「奴道成寺」。
実はどれも過去に観たことのある演目でした。

「傾城反魂香」は言葉の不自由な絵師の又平が
奇跡を起こす場面が見どころ。
「帯屋」は前半のユーモアな台詞回しが面白い。


「奴道成寺」は男が舞を踊る男版道成寺、という趣向で
引き抜きと呼ばれる技法で衣装を一瞬で変えたり
お面を次々と取り替えて一人三役と演じて舞を踊るユーモアさと
見どころが多くて見ているだけでも華やかで楽しい演目。

そしてこの奴道成寺、道成寺もののお約束として
客席に向かって役者さん達が手ぬぐいを投げる場面があるのですが……
なんとその手ぬぐいが自分の懐に降ってきて入手できてしまいました。

  

狂言師左近役で舞をしている猿之助さんの名前入りの貴重な手ぬぐい!!

手ぬぐい撒きは何度か歌舞伎の演目の中で見たことがあるのですが
2000席ほどある歌舞伎座の中でたった数十枚の手ぬぐいが撒かれるので
まぁ別にいいかな、と役者さんが投げるのと周りのお客さん達が
手を挙げて我こそはと手ぬぐいを狙っている光景を眺めていたのです。

そして花道から投げられた1枚がただ眺めていただけの自分の所に
見事直撃……全然狙ってなかったのでびっくりしました。
歌舞伎ファンの間では相当レアなもののようで周りのお客さん達に羨ましがられ
触らせて~!!とねだられたりしたので
なんだかちょっと申し訳なくなってしまいました(笑)

江戸文化に興味を持って歌舞伎を沢山見続けてきたので
今回は良い思い出になったな~と思いました。 

初午きつね展の間、せっかくなので浅草周辺を散策してきました。
浅草といっても観光客で賑わう雷門や浅草寺近辺ではなく
アトリエコメットさんがある場所の周辺の、静かな地域。

スピにゃん

この日のアトリエコメットさんのギャラリーには
看板猫のスピカちゃんがいました~
なかなかのかまってちゃんのようで
ご挨拶したりちょっと遊んだりしてました。



お昼は浅草デンキヤホール名物のオムマキを食べに行きました。
一見オムライスのようですが、中身は焼きそばのようで
なんだか変わった感じで美味しくいただきました。
創業100年続く老舗で、店内も明治~大正時代を思わせる
和洋折衷の落ち着いた素敵な空間。
次にコメットさん来るときはまた寄ろうかな。

腹ごしらえを終えたところで周囲を散策。

 

最初は吉原弁財天。
先日、節分お化けのお祭りをした公園の向かい側にあるところです。
風鈴の音が鳴り響く、静かで不思議な場所。
中心には震災の殉難者を慰霊する観音像が佇んでいました。

 

もう少し先、くねくねした道を進んでいくと吉原神社。
心を込めてお参りすると福が訪れるとのことで
今こうして展示に参加したり、散策できる機会を感謝しつつ……

 

そして大きな通りに戻って鷲神社へ。
ここは酉の市発祥の地だそうです。 

このあたりはかなり地形が複雑に入り組んでおり、途中迷子になりましたが
それも含めて、とっても楽しい散策でした。
この複雑な地形も、どうやら歴史的背景があるようです。

観光地としての浅草ではなく、地元のほうの浅草の散策……
戦後の建物もところどころに存在しており
懐かしいような、そして寂しいような……そんな感覚になりました。 

今回散策したルート、お食事をした場所などは
アトリエコメットさんに教えていただきました。
地域の歴史など色々と面白いお話もしていただき
本当ありがとうございました!

 

一緒に散策に付き合ってくれたじゅねちゃんが
とっても可愛いからすりゅうを描いてくれましたv 
きつね展に合わせたお稲荷様の絵にしてくれて、とっても嬉しい……!!

初午きつね展無事終了しました!

ギャラリーでの企画展参加は初めてということもあり
色々と至らない点もあったと思いますが
今回の出展を通じて沢山の経験させていただき
忘れられない素敵な思い出となりました。

ご来場くださった方、一緒に展示された作家さん方、展示の場と機会をくださったアトリエコメットさん、
本当にありがとうございました!!とっても楽しかったです!!

展示スペース

展示の様子はこんな感じでした。

グッズ 

きつね展の新作イラストポストカードと風来狐グッズに加え
デザフェスで出展していたからすりゅうのグッズも
置かせていただいておりました。

自分は土日に在廊しておりましたが
その間もとても充実した時間を過ごしました。
他の作家さんともご挨拶できました!
昔からお世話になっている方や、ツイッターでフォロワーさんも
来てくださって本当にうれしかったです!!

 

そして5日は地元浅草のお祭り、節分お化けにも行きました。
妖怪の仮装パフォーマンスが開催されてました。
地元の和やかな雰囲気を感じられる、とても素敵なお祭りでした。

  

そしてお祭りの屋台ではアトリエコメットさんも出店されていて
こちらでもきつね展グッズを置いていました。
実はちょっとお手伝いもさせていただいておりました(笑)

ちなみにお隣は焼きたてメロンパン屋さんでした。やった!

からすりゅうと烏

少し遅くなりましたが、今年も月詠龍をよろしくお願いします。
酉年だけど烏ですよ、からす!!

今年は春のデザフェス出展が既に決まっているので、そちらの準備と
それ以外の場所でも色々と計画を練っているので
どちらも頑張っていきたいです。
音楽を絵で紡ぐことを目標に……!

アトリエコメットさん 

そしてこちらの年賀状、浅草にあるアトリエコメットさんの
年賀状展にて展示させていただいております。
先月に初めて来て以来、色々とお世話になっているギャラリーさんです。
いつもかわいい展示作品でいっぱい!

アトリエコメットさん2 

アトリエコメットさん3 

今月の15日までなのですが、終了後もしばらく外に展示されるとのことで
お近くにお寄りの際はよろしくお願いします。

年賀状の完成が1月に入ってからと、大分遅くなってしまったので
本来は参加する予定ではなかったのですが
先日寄らせていただいた際にご厚意で特別に
展示させていただける事になりました。
本当にありがとうございます……!!

デザインフェスタ43無事に終了しました!!
「月詠龍」としての個人出展は初めてなので
とっても緊張しましたが 

本当に楽しいひと時を過ごす事ができました。
 
開始直後のブース
 
開始直後のI-109「月詠龍」…試行錯誤しながらブースを作ってました。
いざ出展する側になると配置に本当に悩みますね…
まだまだ改善の余地がありそう。
 
そして始まってお客さんが少しずつ入ってきた頃…
狐面をかぶった何者かがいきなり目の前に登場。
その正体は…今回絵本でコラボしたつきよ!!
まだ心の準備が全然できてなかったので
朧烏さん完全に不意打ちくらいました(笑)

ラムネくん

つきよ宅のラムネくんも一緒。
とってもかわゆい…!!
この後一緒に店番を手伝ってくれました。 
ラムネくんの集客効果すごかったです、流石親善大使(?)

メローネたんと一緒

そしてなんと、メローネたんのチャームいただいちゃいましたv
からすりゅうチャームとおそろい…これでずっと一緒vv

ブース全体

ブース全体の状態はこのような形に。(右にいつも使ってるノートPC置きっぱなのは気にしない方向で…)
せっかく大変お高い壁をレンタルしたので
看板代わりにライブペイントと意気込んで描いてました。
こんなに大きく絵を描いたのは初めてな気がします…。
画材は100均の水性ペン…あっという間になくなりました。
次壁に描くときは、
もう少し長持ちする画材にしたい所です。

つきよは帰りの事情で2日目の2時過ぎまでだったのですが
その後に来ていただいたヒドラさんが休憩ついでにお手伝いしたいとのことで、ちょっとだけ手伝っていただきました。ありがたい…!!

グッズについては、木製チャームはありがたいことに完売しました。
初めての小物グッズにもかかわらず、まさかこんなにお手にとっていただけるとは思っていなかったので嬉しかったです…!!

今回のメインでもあった絵本も、初めての本としては良い結果が残せました。
中には2冊手に取っていただいた方もいらっしゃって、本当にありがたいです。
 
逆に失敗だったのがポストカード…前回でも出した風来狐はとても人気だったのですが、他の2枚が結構余ってしまいました。
色合いや構図、絵の種類などをもっと考え直す必要がありそうです。 
そして奮発して和紙で作った名刺も意外と残ってしまいました。
置く位置や名刺を置いていた和紙トレーの色の組み合わせが悪くて
目立たなかったのが原因だったかもしれません。
 
それと作品ファイルに神社の参拝方法の絵を入れて
表向きに公開して置いていたのですが
「この絵は売ってないんですが?」と何度も尋ねられて
まさかここまで需要があるとは想定しておらず…
おかげさまで次のグッズの案が出ました。
以上、反省点でした。

ブースにはツイッターでのフォロワーさん他いろんな方が
沢山遊びに来てくれて…
「いつも絵を見てます」「朧烏さんの絵が好きです」と
言ってくださった方がいらっしゃって本当にうれしかったです…!!
そして差し入れも沢山いただいてしまってなんだか申し訳なく…
中に絵をつけてくださったり、なんと色紙まで描いていただいたりしました!!本当にありがとうございます…!!! 

元々個人出展のだったはずなのに
気づいたらブースには常に誰かがいて。
デザフェスに出展して一番感じたのは
色んな方々に支えられて実現できたんだな、という事でした。

中でも絵本の制作から入稿間際までずっと支え続けてくれたばかりでなく
デザフェスでも一緒に頑張ってくれたつきよには
感謝してもしきれないです。

今回のデザフェスで

・「月詠龍」としての個人出展 
・自分の創作本を出す
・からすりゅうのグッズを出す
・つきよと会う
・つきよとコラボする
・つきよのめろんぱn…生のメローネたんを描いてもらう

という自分の中での色んな夢が一度に叶いました。
本当に幸せでした。

さて、無事初めてのデザフェスを終えた所でまだまだこれから
やる事・やりたい事がたくさんあるので
ゆっくりしてはいられませんね。

創作活動これからもきばっがー!! 

ここの所デザフェスに向けての準備で頭がいっぱいで
こちらは久々の更新になってしまいました、すみません。

日本民家園

先月のお話なのですが、日本民家園のほうに行ってきました。
日本各地の古民家を再現した施設で
何か絵を描くときの参考にならないかなと訪れました。

入口付近

入口近辺、この通りから良い雰囲気です。

古民家の中

中は当時の暮らしを再現した状態になっています。
どこも素朴で懐かしい雰囲気…。

書斎

書斎のような場所。ここで作業したら捗りそう。
ここにある本は実際に読める読書コーナーでした。

廊下

こういう廊下はなんだか不思議な雰囲気がありますね。 

虎の置物

格式高い感じの玄関。
虎の置物のちょっと浮いている感がなんとも言えません…。

静

この程よい薄暗さ、精神が研ぎ澄まされそうです。
 
囲炉裏
 
古民家には所々囲炉裏を焚いている場所がありました。
施設の方が「どうぞどうぞ暖まっていってください」と声をかけてくださるのでついつい暖をとって足が重くなります(笑)
この日はあいにくの雨模様でとても寒かったので、囲炉裏の暖かさが
とても身に染みました…。
 
開けた場所
 
少し開けた場所に来ると農村のような雰囲気があって和みます。
 
遠野語り
 
今回ここに来た目的の一つ。
 
囲炉裏で囲いながら…
 
囲炉裏を囲いながら、遠野の昔話を聞いてきました。
あたたかく、懐かしく…とても素敵な時間を過ごすことができました。



「月見ル君想フ」でライブ「月明かりの下で 僕たちは音を紡ぐ」を
観に行ってきました。
以前行ったM3のu-fullさんのブースでZABADAKとコラボされると知ってから
この時をずっと楽しみにしておりました。
ライブハウスで演奏を聴くの、実は初めてなのでとても緊張しました。

参加アーティストは松本リョウスケ、u-full、INUUNIQ、そしてゲストに
ZABADAKの吉良知彦。
大ファンだったZABADAKとM3で知ったu-full以外のアーティストは
このライブで初めて知ったのですが
皆それぞれZABADAKを原点とするミュージシャンで、音楽的に通じるものがありすぐに大好きになったのは自然の流れでした。

最初の演奏はINUUNIQ。竹下咲さんの力強くも透き通ったボーカルが美しい。
メロディックなキーボードと激しいドラムが全身に響き渡り
幻想的かつグルーヴ感溢れる演奏でした。

次の演奏はu-fullさん。u-fullのyukaさんとはM3の時にお話したのですが
実際にアコーディオンを演奏しながら歌う姿を見るのは初めてで…
ノスタルジックなアコーディオンの演奏に、透き通ったやさしい歌声…
懐かしくあたたかい世界に包まれているようでした。

そしてyukaさん、MCトークは慣れてないようでサポートのフナハシダイチさんに
突っ込まれてる様子が可愛かったです(笑)

その次は松本リョウスケさんのギター弾き語りによる演奏。
優しくも力強い歌声とアコースティックギターの音色がたまりません。
MCトークによると旅先で見た大自然の情景から曲を書いているそうで…

そしていよいよZABADAKの吉良知彦さんの演奏…目の前で、本物のZABADAKの演奏が見れるなんて…感動です。
ギターを弾きながら歌うその姿は、まさに音楽の父でした。

演奏の合間のトークでは実は進行の段取りがつかめてなくて慌てていたり
意外とお茶目な一面が見れました(笑)

その後は吉良さんと出演アーティスト達によるセッションパート。
まさかu-fullの歌唱でZABADAKの名曲「Harvest Rain」や「遠い音楽」が
聴けるなんて…思わず涙が出てしまいました。
u-fullさんも大好きなZABADAKとのコラボで夢が叶ったと仰られていましたが
本当に、夢のようなひと時でした…

松本リョウスケさんとのコラボでは「男のZABADAK」とのことで
二人のギターと歌による共演は、まさに全身全霊、魂のこもったとてもアツい演奏でした。

アンコールは出演アーティスト全員での演奏。
u-fullさんがZABADAKとずっと演奏したかったという「ウサギのレストランは木の上月の下」は
出演者全員が音楽を楽しんでいるような、そんな演奏でした。

そして最後はZABADAKの名曲「五つの橋」。
僕自身もZABADAKの中で特に大好きな曲の1つ。
昔のライブ映像で見た手拍子をまさかやれる日が来るなんて…
もう感動のあまり夢中になって手拍子して大盛り上がり!!!!

演奏終了後に、まだ持ってなかったアルバムを入手。

その時にu-fullさんが僕がZABADAKファンだということを吉良さんに伝えてくださって、少しだけお話できたのですが……とても緊張しました(笑)

本当に、夢のようなひと時の夜でした。
ずっとこの余韻に浸っていたい。

 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

082017/0910
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

フィードバック