月詠龍

エントリー

2016年03月の記事は以下のとおりです。

歌音ちゃんとチェリーちゃん

つきよさんの所の歌音ちゃんと、チェリーちゃん。
歌音ちゃんは初めてお借りして描かせていただいた子で
チェリーちゃんは生まれたての新しい子。

そんな思い入れのあるふたりを一緒に描かせていただきました。

からすりゅうとプラナヴァ

ついにこの時が来てしまいました、月詠龍十周年です。
サイト開設日=自分の誕生日なのでいつもの事ながら自分も(苦笑)

長い間お絵かき活動し続けて、本当に色々なことがありました。
嬉しい事も、悲しい事も、苦しい事も…それはもう沢山。
表現や自分自身のあり方に悩んでは立ち止まり…その繰り返しです。 

振り返ってみると、本当に沢山の出会いがあったと思います。
最初は引っ込み思案だった自分が、気が付いたらイベントに出展したり。
絵関係だけでなく音楽関係の方ともお話する機会が増えたりして…
好きなものをし続け、語ったり、見たり、聴いたり触れたりしていれば
自ずと道は開かれる…そう感じました。 
沢山の出会いに感謝です。

さて今は5月のデザインフェスタ出展に向けて
絵本の製作をしているところです。
十周年迎えたといえ創作活動はまだまだこれから……
精一杯、頑張って生きたいです。

これからも、月詠龍をよろしくお願いします。 

ここの所デザフェスに向けての準備で頭がいっぱいで
こちらは久々の更新になってしまいました、すみません。

日本民家園

先月のお話なのですが、日本民家園のほうに行ってきました。
日本各地の古民家を再現した施設で
何か絵を描くときの参考にならないかなと訪れました。

入口付近

入口近辺、この通りから良い雰囲気です。

古民家の中

中は当時の暮らしを再現した状態になっています。
どこも素朴で懐かしい雰囲気…。

書斎

書斎のような場所。ここで作業したら捗りそう。
ここにある本は実際に読める読書コーナーでした。

廊下

こういう廊下はなんだか不思議な雰囲気がありますね。 

虎の置物

格式高い感じの玄関。
虎の置物のちょっと浮いている感がなんとも言えません…。

静

この程よい薄暗さ、精神が研ぎ澄まされそうです。
 
囲炉裏
 
古民家には所々囲炉裏を焚いている場所がありました。
施設の方が「どうぞどうぞ暖まっていってください」と声をかけてくださるのでついつい暖をとって足が重くなります(笑)
この日はあいにくの雨模様でとても寒かったので、囲炉裏の暖かさが
とても身に染みました…。
 
開けた場所
 
少し開けた場所に来ると農村のような雰囲気があって和みます。
 
遠野語り
 
今回ここに来た目的の一つ。
 
囲炉裏で囲いながら…
 
囲炉裏を囲いながら、遠野の昔話を聞いてきました。
あたたかく、懐かしく…とても素敵な時間を過ごすことができました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

022016/0304
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

フィードバック