月詠龍

エントリー

2018年06月の記事は以下のとおりです。

ペペロミア・ホープ

お部屋で育てているお気に入りのペペロミア・ホープ。
葉がまるでコインのように真ん丸で不思議な植物です。
なぜホープと呼ばれているのかはわからないけれど
きっと丸い葉の中には希望が詰まっているのかな~なんて思いながら育ててます。

数多くあるペペロミアの仲間でも珍しい種類のようで
ボタニカルショップでお店の方におすすめされて
思い切ってお迎えしたものです。

ハンギング鉢で仕立てられていたのですが、四方八方に伸びていて壁には掛けられなかったので
スタンドタイプのガーデンフックに吊り下げたら可愛いオブジェに。
お部屋の作業スペースのちょっとしたシンボルツリーになりつつあります。

可愛い新芽

ペペロミア自体、葉に水を蓄える多肉植物なのでほとんど水をあげる必要がないのですが
放置していてもぐんぐんと新芽が伸びております。
この新芽もちっちゃくてなかなか可愛らしい。

以前は名前を聞いたことがあるぐらいで特に注目していなかったペペロミアでしたが
このホープを育てるようになってからとてもお気に入りになりました。
半日陰でも育つので大助かりです。

もふろりずむ展

DM

7月14日~22日の間、浅草にあるアトリエコメットさんにて
グループ展「もふろりずむ展」を主催する事になりました!
もふもふ可愛い女の子、もふろりちゃんをテーマにした展示です。

アトリエコメットさんでの展示概要はこちら
当サイトでの詳細案内はこちら

以前にアトリエのオーナーさんから是非やりましょう、と
声を掛けてくださり実現する形となりました。
もふろりずむ合同誌の参加者さんの他、アトリエ繋がりの
イラストレーターの方数名にもご参加いただいております。

グループ展主催という初めての試みで緊張しておりますが
7月は浅草まで遊びにきてくださるととっても嬉しいです。
宜しくおねがいします~

色々と忙しい時期は植物の成長が日々の楽しみとなりつつありますが
今回は部屋で育てていたパキラの4~5月の様子を。

ちょんまげみたいな新芽

4月17日
パキラからいつの間にか不自然な新芽がニョキッと……
まるでちょんまげみたいにまっすぐ飛び出た状態。
なんか変だな~と思いつつも暖かく見守る事に。

髷がどんどん大きく・・・

4月29日
2週間も経たないうちに、気づいたら髷がどんどん立派に……
あまりにも短期間で巨大化し始めたため何が起こったのかと困惑。
この勢いで天下統一してしまうのでしょうか……!?

巨大化した髷

5月19日
さらに半月ほどが経ち、髷はすっかり巨大化し重みで垂れ下がり
そして新たに生えた髷(新芽)も巨大化しはじめる有様。
元からあった葉と比べて明らかに倍以上あります。
もう手に負えませんぞ~(主に置き場所的な意味で)

盆栽風に

立派な髷に対して鉢が窮屈に感じ始めたので
盆栽風の鉢に植え替えてみました。
南米原産の植物を盆栽仕立てにするのもなかなか乙なものです。

ごじゃる君と髷対決

おまけ。
つきよのところのごじゃる君こと、ちび君。
新芽が髷みたいだ~と話しあってた時のをネタに、髷対決!
二刀流の髷では分が悪いでごじゃる。

またしても少々間が空いてしまいました、すみません。
先々週のお話ですが、u-full「the Sound of the Desert」の
アルバムリリース記念ライブへと行ってきました。

都内では久々のライブ、そしてアルバム新曲の数々を生演奏で
初めて聴ける機会。M3のu-fullスペースにて前売り券を入手してから
とっても楽しみにしておりました。

音倉

ライブ会場の下北沢の「音倉」のほうへ。こちらに入るのもすっかりおなじみに。

そしてIntroductionと共に演奏者がステージへ。
この時点で今までのライブとは一味違う、と感じつつ期待が高まる。

1曲めの「足跡の歌」から始まり、続くアルバム新曲の数々。
今回はいつものメンバーに加えてベース+ダブルパーカッションと
豪華になっており、壮大で迫力のある演奏。
まるで砂漠を旅し、その地の民に伝わる物語の数々を追体験しているような
そんな演奏でした。

新曲以外にも、今までのおなじみの曲たちもアレンジで生まれ変わっており
「Little Witch」はすっごくノリノリに、「Logleb~西の果て~」は
美しくもダイナミックに生まれ変わりとても感動。

そしてメンバーをあえて少人数体制に、音数を減らした状態で演奏された
「夜明けの詩」、そして二人体制での「星降る丘のアンモナイト」。
壮大な曲はもちろん、こういった静寂の中に流れる1音の繊細さも
u-fullの世界だなと再確認させられる。
特に「星降る丘のアンモナイト」はまだタイトルが決まっていなくて
仮題の「Underworld」だった頃からライブで聴き続けていたので
とても感銘深いものでした。


「群れが眠る頃」ではMVで太陽神の役で登場していたダンサーの石川さんが
サプライズゲストとして登場、曲にあわせて舞を披露。
とても幻想的な一時。

MV曲の「太陽と砂の踊り子」はまさにMVで見た情熱的な演奏で
生で聴くことができてとっても感動でした!

そして10分にも渡る壮大な「エルグと角」。
この曲は「Logleb~西の果て~」の続編的位置づけだそうで
まるで1つの命の物語を追いかけているような、壮大な曲。

アンコール枠「レインメーカー」ではDularinnの岡本さんが
サプライズゲストとして登場、ティンホイッスルを披露。
そして最後はおなじみの「ウサギのレストランは木の上月の下」。
ダブルパーカッション編成ということもあっていつも以上に賑やかで
とーっても楽しい演奏でした!

新アルバムライブということで、新しい旅路を感じさせるような
そして今までのu-fullの集大成という感じの素晴らしい演奏でした!

サイン入り!

そしてライブ終了後。
発売日にどうしても欲しかったので事前に入手していたのですが
アルバムを持っていってサインをいただいちゃいました。
いつもyukaちゃんが呼んでくださってる「龍の人」と
どちらで入れていただくか迷ったのですが
MVプロジェクトにも朧烏で参加していたのでこちらの名前で!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

052018/0607
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

フィードバック