月詠龍

エントリー

少し報告が遅くなりましたが……
M3-2018秋、無事に終了しました!

ウラオモテ・チューンズ

当日のウラボロシさんのブースの様子。
自分もこの時に初めて完成したジャケットの現物を拝見したのですが
イメージ通りにゲームパッケージのような素晴らしい仕上がりになっていて
とても満足でした!

ゲームボーイの実機で試聴できるのは
チップチューン系のジャンルならではだなぁ~と思いました。
自分も挨拶回りに行く前のしばらくの間、売り子でお手伝いしてました。

当日のポスター

そして当日の朝に急遽作ってきた宣伝用ポスター(間に合って良かった)

「幻想組曲」当日はたくさんの方に手にとっていただけて
とっても嬉しかったです!
自分も改めて完成品をじっくりと聴かせていただいて
今回は素晴らしいコラボができたなぁ~と思います。
ジャケットについても色々お褒めの言葉をいただいたりして
嬉しかったです!


久々の新譜ジャケット参加ということで気合を入れようと思った矢先
喉の調子を崩してしまい、声があまり出ない状態での参加に
なってしまいました。
スペースにいらしてくださった方、そしてご挨拶させていただいた方々
大変聞き取りづらい声で申し訳ありませんでした。。


21世紀アンモナイトツアー

そして当日の夜は「u-full&DoooRinnの21世紀アンモナイトツアー東京編」
もうツアーのタイトルからしてあの曲が浮かんで是非行きたかったのですが
M3と日にちがかぶっていて行けるかどうかわからず予約してませんでした。
しかしなんとか行けそうだったので急遽当日券で入りました。

最初は白薔薇姉妹のコーラスとハープの林太郎さんによる
アイリッシュ&スコットランドの曲。
おなじみの林太郎さんのアイリッシュについてのゆるい解説を挟みつつ
白薔薇姉妹のコーラスにとても癒やされるひと時でした。

2番目のu-fullの演奏、アコーディオンに不具合が発生したりして
トラブルもありましたがyukaちゃんのお茶目さが特に際立ってた印象でした。w
そしてzabadakの「GOOD BYE EARTH」とu-fullの「星降る丘のアンモナイト」の繋ぎ。
大好きなこの2曲の組み合わせはとても涙腺にぐっとくるものがありました。

全員でのパート。u-fullや林太郎さんの曲、アイリッシュ、そして
zabadakのカバー、と自分が好きな曲が盛りだくさん。
「足跡の歌」をこの曲に込められた意味を知って
より深みを感じることができました。
そして「コフルヤマ」今回のメンバーで聴いて、改めてzabadakとANUNAは
通じるものがあるなぁ、と実感。

11月末にもまた東京でライブがあるそうで楽しみです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

102018/1112
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

フィードバック