月詠龍

エントリー

ザミオクルカス・ザミフォーリア

春の初め頃からザミオクルカス・ザミフォーリアを育て始めていました。

こんな姿なのに、ポトスやスパティフィラムたちと同じサトイモ科植物で
サトイモ科植物なのに、多肉植物で
多肉植物なのに、日陰に強いという変わった子。

多肉植物は基本的に日当たりが大好きなため、日当たりの悪い北の部屋では
ほとんど諦めざるを得なかったのですが
ザミオクルカス・ザミフォーリアはそんな北の部屋でも
育ってくれる多肉植物なので大変頼もしい存在でした。

ただ、やはり多肉植物ゆえか他のサトイモ科植物たちと比べると
なかなか成長の動きが見られなかったのですが
つい先日、新芽が出てきました。

サナギみたいな新芽

まるでサナギのような形をした新芽が続々と……
なかなかおもしろい光景です。
この塊が一斉に開いて葉になるようですね。


サナギが羽化して葉に?

そして何日か経ってだんだんと葉が開いてきた状態。
こういう部分を見ていると、確かにちょっと多肉植物みたいだなぁなんて。
新芽は葉に艶があって、とても綺麗。
サトイモ科植物の新たな魅力を感じた瞬間でした。

レックスベゴニア・ウズカエデ

先日カラテア・マコヤナの鉢を探すついでにお迎えしてました。
ぐるぐる渦巻き模様が特徴のレックスベゴニア・ウズカエデ
レックスベゴニアはものすごく種類が多いのですが
他の植物にはないようなアシンメトリーな葉と独特の色合いが最大の特徴。

実は渦巻き模様のベゴニア、以前も育てていたのですが
半月ほどで枯らせてしまいました。
原因は不明ですがおそらくは水のあげすぎか猛暑にやられたかのどちらか……

今回のウズカエデはその時のリベンジです。

ウズカエデの鉢

ウズカエデの鉢もお持ち帰りする時にすでに決めていて、すぐさま植え替えをしました。
こちらもカラテアの時のような古びた風合いの鉢で原始的なイメージに。

マコヤナさんとウズカエデさん

カラテア・マコヤナと並べてのショット。
どちらも”葉を見て楽しむ”という意味でとても観葉植物らしくお気に入り。
何より、まるで絵で描いたような不思議な模様と謎めいた特徴を持っており
大地の生み出す神秘をも感じさせます。

カラテアもベゴニアも個性的な模様や色合いの種類が沢山あるので
コレクションするのが本当楽しいです。

ペペロミオイデス

4月頃からピレア・ペペロミオイデスを育てはじめました。

まんまる可愛い葉っぱがまるでペペロミアのようですが
実はペペロミアではなくてピレアの仲間。
だから、ペペロミアに似ているピレアという意味の
ピレア・ペペロミオイデスという名前なわけですね。

しかしペペロミアもコショウに似ている、という意味なので
コショウに似ているペペロミアに似ているペペロミオイデスという事に……
なんだか誰がホンモノなのかややこしくなってきそうなお名前。

伸び放題デス

そして二ヶ月ほど経った今では勢いよく伸びまくっててハジけてます。
上からも下からも伸びててなかなか賑やか。
ちょっと元気が良すぎるような気もしますが、これはこれで面白い姿です。

中心が木のように伸びているのは原産地に近い姿を保つために
生産者さんが仕立たものだそうで
小さいながらもしっかりとした出で立ちです。


お部屋の環境や自分の育て方との相性が悪かったためか
以前育てていたペペロミアはうまく育たなくて……
その代わりとしてお迎えしたのがペペロミオイデスでした。

こう見えてペペロミアより頑丈なようで
上のようにぐんぐん伸びてくれています。
これなら安心して育てられそうです。

パンケーキの木

ペペロミオイデスをモデルに。
別名パンケーキ・プラントとも呼ばれているそうなので
ふんわりパンケーキのようなイメージ。

葉があまり開かない?

お気に入り植物の1つ、カラテア・マコヤナ。
夜になると葉が閉じて縦向きになるのですが
最近昼でも葉が閉じ気味な気がして、新芽もなかなか出なくて
元気がないのかな?と調べてみたら……

鉢を突き破る根っこ

ぎゃー!根っこが!鉢を貫いてしまっている……!!

カラテアの根っこはこぶがあるのが特徴みたいなのですが
これではムキムキの根っこが鉢底をぶち抜いてるみたいですね……意外と肉体派?
ともかくこれは至急植え替えが必要な状態。

しかし、なかなかカラテア・マコヤナのイメージにあう鉢が見つからず
かといって植え替えを遅らすわけにもいかないのであちらこちら探し回って
ようやくピッタリなのが見つかりました。

モスポットに仮入れ

こちらの無骨な感じがたまらないモスポットに仮入れ。

カラテア・マコヤナはなんといっても不思議な葉の模様が特徴なので
鉢は主張しすぎない無骨な感じがいいな、と思っていて
モスポットに入れてみたらイメージにピッタリ!
大地の神秘さと力強さを感じさせる原始的なイメージ。

それにしても、鉢底の穴にこぶが引っかかっていて
元の植えてあった鉢から引っこ抜くのがなかなか大変でした……
鉢の素材が柔らかかったのでハサミでこじ開けられたのですが
これがもし陶器とかだったら根っこを切るか
ハンマーで鉢を叩き割るかしないといけなかったかもしれません……

植え替え作業

そして植え替え作業。今回はまた新しい用土に変えてみました。

植え替え完了

植え替え完了!引っこ抜く時に根っこをいじりすぎてしまったからか
なんだか傾いてて元気がない感じもしますが
よく動くカラテアのことなのでそのうちもとに戻るでしょう。たぶん。

ポリポットのままの植物たち

先日、ポリポットのままだった植物たちの一斉植え替えをしました。
観葉植物の植え替えは暖かくなってくる春(5月ぐらい)になってから
行うのが基本なので、ずっとポリポットのままだったこの子たちにとって
ようやく待ちわびた春という感じです。
何よりも、お店で並んでいるポリポットのままの状態は
本当は良くないんですよね……

モンステラの根っこ

特に真ん中に大きくそびえ立つモンステラ・デリシオーサは
ものすごい極端な頭でっかち状態で
土の中はほぼ根っこだけの状態……これでは成長できません。

土のブレンド

清潔な観葉植物用の土をベースに、水はけを良くするため赤玉土をプラス。
これでうまく育つでしょうか。

植え替え完了

植え替え完了!左からモンステラ・シルペテカナ、モンステラ・デリシオーサ、ヒポエステス、ポトス・パーフェクトグリーン。
デリシオーサの無骨な鉢と、パーフェクトグリーンのクリアな葉の緑と鉢の青の組み合わせが気に入っています。

他にもまだまだ植え替える植物があるのですが、それはまた後日のお話。

M3-2019春、無事に終了しました!
平成最後のM3だったから、というわけかどうかはわからないけれど
いつものM3よりも賑わっているような印象でした。

当日の様子

当日のLily+さんのブースの様子。
実は今回、初めてサークル側のお手伝いとして入場したので
開場前の準備に来たのは初めてでした。
そして新譜も2枚という試みも初めてだそうで、自分もちょっとドキドキ。

以前ジャケットやPVを担当させていただいた曲のアーティストさん達も
いらしてくださって、とても嬉しかったです!
あの想碕深弐さんもいらしてて久々の再会でした。

メガドラの実機も!

ウラボロシさんがお手伝いで参加されていたサークルで
去年の秋にジャケット担当させていただいた「幻想組曲」も
委託CDとして頒布されておりました。
ゲームボーイだけでなくメガドライブの実機も置かれててびっくり!
メガドラで制作された曲はまた違った印象の音を感じられて
ゲーム機も立派な楽器だなぁ、なんて思いました。


ここの所、オンオフ問わず音楽活動されている方と
知り合う機会が増えてきて
今回のM3でも直接ご挨拶ができたりいろんな繋がりが増えて
とても楽しかった。
これからも音楽のために絵を描いていきたい、と
平成から令和への境目を機に改めて決意しました。

美味しさL+

こちらは打ち上げのオムライス。
サイズがそれぞれS、M、L。
つまりL+サイズということでした(?)

天使と黒猫の歌

Lily+さんの新譜「天使と黒猫の歌」のジャケットを
担当させていただきました!
美しい多重コーラス・クラシカルなサウンドで描かれる
一人の男の子と一匹の黒猫の物悲しくあたたかい物語。
特設サイトはこちら

M3春2019 第1展示場 B-09aにて頒布されます。
(イベント直前の告知でスミマセン……)



そして収録曲の1つ「Angel」の試聴フルPVも担当させていただきました!
Lily+さんの美しいコーラスと共に、じっくり見ていただけると嬉しいです。

Lily+さんとコラボをさせていただく話は何年か前から決まっていたのですが
なかなかお互いの都合がつかず、じっくり構想をあたためながら
今回の春にようやく実現する形となりました。
Lily+さんにとっても素敵な物語を書いていただいて、それを元に
ジャケットやPVを制作させていただきました。

まやさんとマヤツリー

日本ではほとんど流通していないという、珍しいユッカ・マヤツリー。
今回は自分用ではなくプレゼント用。
グリーンインテリアさんにて、素敵にラッピングしていただきました。

まやさんとマヤツリー2

こちらの柴さんのお名前が「まや」なので
偶然にも同じ名雨の植物ということで以前から狙っていたのですが
運良く手に入れる事ができました。
(ちょうど自分がお店に入ったタイミングで入荷されたようで、ラッキー!)

ユッカは育てたことないのですが、ドラセナと同じリュウゼツラン科の植物で
過酷な土地で育つ種類なのでとっても頑丈だそう。
しっかりとした幹の部分が力強さを感じさせますね。

気になる樹?

せっかくなので、まやさんとマヤツリーのツーショットで記念撮影。

花見柴

桜が満開のうちに、花見柴と意気込んで記念撮影。
やんちゃな妹とおすましな姉、二人の個性が出ている
良いショットが撮れました。

花見柴尻

やっぱり春の訪れは嬉しいものです。

今年も恒例のZABADAK周年ライブに行ってきました。

東京キネマ倶楽部

おなじみの東京キネマ倶楽部へ。

ポスターがずらりと

入り口にはライブのポスターがずらりと。

プログラム

プログラムとプログレって響きが近いですよね(?)

実は2月のzabadak liveにも行ってたのですが
その時に小峰さんが今年の周年ライブでは新曲を初披露する、と仰られていて
とっても楽しみにしておりました。


最初の1曲目はおなじみの「The Sun Rises in the West」
やはりこの曲が来ると盛り上がりますね。
2曲目「今日の夢のこと」展開が目まぐるしく変わるこの曲は
生演奏でじっくり聴くと聴きごたえ抜群。

3曲目「マーブルスカイ」はドラムのリズムが良いなぁと聴くたびに感じる。
4曲目「旅の途中」イントロのコーラスから、一気に世界観が
広がっていく感じがたまらない。

合間のトークでは先日のラジオ、ケルト三昧でzabadakの「二月の丘」が流れて
ツイッターでバズってた事について小峰さんが触れておりました。
今日はケルト三昧ではないけれど、ケルト風味の曲なら、と次に演奏された
「пролеће 春」ちょうど今の、桜が咲いた季節にぴったりな曲だと
思っていたのでこの曲が来てとっても嬉しかった!
前半、小峰さんのリコーダーから奏でられるメロディと
後半に鬼怒さんのギターで壮大に展開していくのが本当たまらない。

6曲目の「あたらしいあした」ここが奈落なら、君は天使のライブ以来久々の演奏だというこの曲。
あの時から時間が経ち、今歌詞を聴いていると、色々とこみ上げてくるのがあります……

そしてゲストのコーナー、最初は「銀河鉄道の夜」の演奏と共に
原マスミさんの朗読。
透明な音の世界が広がる中で語られる、原さんの味のある朗読。
語りだけでここまで世界観に引き込ませる力を持つ声で、すごいなぁ……

続いて「遠い音楽」を作詞者の原マスミさんご本人による歌唱。
原さんご本人がこの曲を歌う所は初めて聴くので、とても感銘深いものがありました。

次のゲストは、日比谷カタンさんによるZABADAKメドレー(パターンBだそうで…)
前回より短めに、と言われて短くされたそうなのですが
21曲も詰め込まれていて、中には普段ライブでなかなか演奏されない
曲が入っていたりして来るたびにニヤリとしてました。
最初と最後にポーランドが入っていて、風部への突然の不意打ち。w
それでも風部の皆さん最後の部分しっかりきめててすごいな、と思いました。

そして小峰さんが風部の皆さんまだまだ吹き足りないだろう、と
次にも「ポーランド」の演奏。やっぱり風部の皆さんのリコーダーすごいなぁと……
自分もいつかちゃんとリコーダー吹けるようになって参加できるようになりたい。

11曲目「Birthday」パーカッションをドラムで聴くのはなかなか新鮮でした。
12曲目の「休まない翼」ここでまさかの吉良さん連続降臨で
青木さん2回連続仕切り直し。w
その分、3回目はすごく気合の入った演奏になって
特にサビ部分の盛り上がりはアツいものがありました。

13曲目、いよいよ新曲の初披露。
元々は魔法使いの嫁のED曲デモとして「環 -Cycle-」と同時に提出されたもので
小峰さんは絶対に今回の新曲のほうが採用される!と自信を持っていて、だけれど採用されなかった……とすごく悔しそうに仰られていた。
そして演奏された新曲、遠い雷と書いて「遠雷」(えんらい)。
サビの盛り上がりとか、確かにこちらのほうがすごく吉良さんらしさが詰まっているな、と感じました。もっとじっくり聴きたい。

14曲目「Mother」ここでゲストの杉林恭雄さんが登場、作詞者本人の歌唱。杉林さんの声でこの曲が聴けるのも感銘深いものでした。
15曲目の「Harvest Rain」こちらも以前演奏されたロックなアレンジで
杉林さん歌唱。
16曲目の「Tears」途中で草太郎君も登場して最後はみんなで合唱して、
やっぱりこの曲だよなぁなんて、つい涙腺が緩んでしまう。

そして17曲目はおなじみの「Easy Going」今回もすごい盛り上がりでした!


アンコール、1曲目は「小さな宇宙」でクールダウン。
2曲目「DEIR PAIDIR」そういえばこの曲今回演奏されないのかなぁと思っていたらまさかアンコール枠で来るとは思わずびっくり。
異国のメロディに手拍子も挟み、この曲は本当盛り上がります。
ラストは「相馬二遍返し」小峰さんのこぶしの効いた歌唱に
沢山パワーをもらえました。
そしてラストまで、吉良さん降臨しまくってました。w

zabadakステッカーと33rd缶バッジ

物販で入手したzabadakステッカーと、”平成”と書かれた33周年バッジ。
新年号も発表され、平成から令和へと、新曲も初披露されて
これからのzabadakが楽しみです。

ページ移動

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

052019/0607
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アーカイブ

フィードバック