月詠龍

エントリー

これまで数多くのゲームをプレイしてきましたが
これだけは語っておきたい、という作品を。



今回紹介するのは「オリとくらやみの森」。
好きなゲームは?と尋ねられて真っ先に浮かぶぐらい
本当に、大好きなゲームです。



嵐の夜の中、ナルがオリを見つける場面から物語は始まる。





オリを我が子のように可愛がるナル。
プロローグではとてもあたたかな場面が流れる。





しかし運命の夜を堺に、森は光を失い枯れ果て
ナルは息絶えてしまう。





親を失い傷ついたオリも、ついに力尽きてしまう。
最後の息を吐いた時……ゲームはここからスタートする。

表情豊かな愛らしいキャラクター、あたたかな場面と
今にも消えてしまいそうな、オリの繊細な描写……
プロローグの時点でもう、涙腺が緩みっぱなしでした。





このゲームの特徴は、何と言っても幻想的で美しい風景と光の描写。



静かな森の景色となめらかに動き回るオリの光の織りなす様子は
息を呑む美しさ。
フルオーケストラのBGMも相まって世界観描写は本当に素晴らしい。



長老樹に触れることによって、オリは能力を獲得し成長していく。
最初はか弱く、今にも消えかかってしまいそうだったオリも
次第に森を自由自在に飛び回れるようになり
段々とたくましくなっていく。





木漏れ日の差し込む森や水の景色もとても美しい。



セーブポイントである精霊の泉など
ちょっとした小さな場所ですらとても美しい。



羽をグライダー代わりにして飛ぶオリの姿が愛らしい。



オリは世界観や雰囲気だけでなく、ゲームとしてのバランスもとても手応えがあり
特にエレメントを蘇らせる時の脱出シーンは
壮大なBGMも相まって、まさに命がけで森を救う重要な場面。



森を救う冒険の最後に待つものは……

愛と献身をストレートに描いた物語。
心の奥底に響くものがありました。

今年のE3 2017では次回作の発表もあり
どのような物語になるのか本当に楽しみです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

062018/0708
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

フィードバック