姫神の音楽

青い花



※画像は大人ツインベスト版、青い花のジャケットは右上

ポニーキャニオンから東芝EMIに移籍した後のアルバム。
姫神の描いた日本民謡、といった趣のアルバムで
日本語による歌詞、南国階調など
従来の作風とは異なったサウンドを見せている。
ヴォイスも従来の縄文語のものがなく
星吉昭が以前から研究して取り入れようとしていた
ブルガリアン・ヴォイスの影響が所々に感じられる。
前作とは一変して軽快で明るめな曲が多い。

ジャケットはそのまま、青い花。

1.青い花

南国音階による軽快で爽やかな一曲。
東北風土に根ざした音楽を紡いできた姫神だが
この曲は沖縄音階を意識した曲になっている。
とはいえ、姫神特有の清々しさはしっかりと現れている。
歌詞は「本当のさいわい」を青い花に例えて歌っている。

悲しいときは青い花 嬉しいときも青い花―

2.あの遠くのはるかな声

ゆったりとしたリズムに合わせて流れる姫神ヴォイスと男声コーラスは
大地に根付いて生きる人々のぬくもりを感じさせられる。
とてもおおらかで暖かい曲。

3.暁のかげろう

馬頭琴の旋律と、中島和子による情感溢れるヴォイスが哀愁を誘う
ノスタルジックな一曲で、ドラマティックな盛り上がりを見せる。

4.コキリコ

富山県五筒山の「こきりこ節」を姫神風にアレンジ。
佐野より子によるこぶしのある声はまさに現代に蘇る日本民謡。
リズムはテンポが早く感じるが
歌は原曲より伸びやかでゆっくりしている。
素朴な原曲の雰囲気を崩していない、良いアレンジである。

5.海の子守唄

母なる海の暖かさ、胎児の中のぬくもりをも感じさせるような
情感あふれるとても美しい子守唄。
中島和子による伸びやかなヴォイスに加え
伴奏もピアノ、笛、馬頭琴と音数が抑えられており
心地よく聴ける。

6.火祭りの夜

メロディックな旋律に姫神ヴォイスが高く響く。
リズム部分は強めな印象で、少し強引だが
激しめの夜想曲といったところか。

7.朽葉の道

本アルバム唯一のインストで、ヴァイオリンによるゆったりとした曲。
秋の朽葉色の暖かさを感じられる。

8.海明かり

茨城県大洗の民謡「磯節」をアレンジ。
ゆったりとした軽快なリズムにあわせた艶やかな歌い方が印象的。
ヴォイスの使い方が、従来に比べるとなかなかクセが強い。

9.雨のかんざし

宮城県民謡「さんさ時雨」をアレンジ。
とはいえ原曲の歌詞は使われていないようだ。
渋めのベースをバックに、姫神ヴォイスの
哀愁を帯びたコーラスがたまらない。

10.遥かなる旅路(アルバム・ヴァージョン)

元々は『feel』というコンピレーションアルバム用に提供したものを
本アルバム向けに再収録したものだが、原曲とほぼ変わらない。
姫神ヴォイスによるインパクトのあるイントロが印象的だが
そのあとは落ち着いた展開が続く。
アルバムと無関係なため、浮いてる感は否めない。
『2002F1グランプリ』のエンディングテーマに使用されている。

11.讃歌~種山が原へ

種山ヶ原とは岩手県奥州市、住田町、遠野市にまたがる高原地帯で
宮沢賢治ゆかりの地、イーハトーブの風景地とも呼ばれている。
姫神らしい清々しさに満ちあふれた曲。
この曲もまた、姫神ヴォイスに男声コーラスが加わっており
大地の人々の暖かみを感じられる。

コピーライト