姫神の音楽

姫神



懐かしき日本の原風景を描いたアルバム。
東北のみならず、日本の自然や四季が織り成す情感
日本人の感じてきた叙情性をよりストレートに表現している。

より洗練されたサウンドは透き通っておりとても美しく
鮮やかな情景を生み出している。
それは懐かしく、とても暖かく
日本人の心の根に語りかけてくるようである。
都市や文明に囲まれている現代が忘れていた情景を…。

ジャケットは伊藤若冲の鳳凰をフューチャーしたもの。
襖から飛び出す色鮮やかな鳳凰が非常に美しい。
因みに僕は姫神のジャケットの中でこれが一番好きである。

1.舞鳥

「姫神」の最初を飾るに相応しい、とても華やかな曲。
色鮮やかに、かつストレートに日本の美しさを紡ぎ出したサウンドは
まさにジャケットに描かれた鳳凰の舞う姿そのもの。
和風シンセメロディの王道を行く一曲。

2.七時雨

曲名は岩手県の七時雨山が由来とおもわれる。
哀愁漂う日本的な旋律と三拍子のリズムが心地よい。
七時雨山は天候が変わりやすく一日に七回ほど時雨が降るという事から
走馬灯のように変わりゆく情景を描いているように思える。

3.貝独楽

どことなく阿波踊りを思わせる節回しが楽しげな一曲。
由来が貝なのか独楽なのかは不明だが、曲調から
お祭りの中で子供たち独楽で遊ぶ情景を連想させられる。

4.空の遠くの白い火

青く透き通ったような透明感のある、初期の名曲。
終始風の音に合わせて流れる美しいシンセの旋律と、ノスタルジックな
アコースティックギターのアルペシオの組み合わせがあまりに美しく
シンセサイザーという楽器でこんなにも日本の美しさを
表現できるものかと感動してしまった。

5.月のほのほ

こちらもシンセのメロディとアコギターのアルペシオによる
透明感のある一曲で、幽玄の世界が浮かぶ。
静寂の中、月を見て侘び寂びに浸る…
日本人にしか書けないような曲だろう。

6.えんぶり

青森県八戸市地方で小正月を中心に行われた
豊年予祝の舞踊「えんぶり」が元になっている。
和太鼓のビートが主役で、所々に男達の掛け声が使われているが
姫神で人の声が使われたのはこの曲が初のようだ。
副旋律に使われている低音も印象的。

7.白い川

映画「遠野物語」のメインテーマに使われた曲。
「遠野」の延長線上にあるような哀しくもおどろおどろしい曲調で
笛やストリングスの冷たい音が震え上がらせてくる。
終盤の転調が哀しくてたまらない。

8.花野

青森県の民謡「十三の砂山」が副旋律に使われている。
日本的旋律の中にどこか憂いを感じる一曲。
白い川と若干雰囲気は似ているが こちらは哀しげな印象が強い。

9.社

日本の山林を思わせるのどかで暖かい曲。
所々でカラカラと響く竹のパーカッションが実に心地よい。
「八戸小唄」が裏メロで使われているようで、構成は絶妙。

10.風光る

初期バンド色が強めな、フュージョン風の曲。
曲名のつけ方が姫神らしいく、どこか清々しく熱い心意気に
満ち溢れてたような曲。
最後の竹のパーカッションによる閉めがかっこよくてお気に入り。

コピーライト