月詠龍

エントリー

京鹿子

歌舞伎の名作舞踊「京鹿子娘道成寺」をイメージしながら…
人も着物も、そして舞の立ち振る舞いも
もう少しまともに描けるようになりたいものです。

サイトのほうはいくらか更新していたのですが
ブログのほうが少々間が開いてしまっていました。
歌舞伎を見に行ったり、二条城展を見に行ったり
色々と見に行ってたのですが…

今月の夜の部の演目である「京鹿子娘道成寺」は
実は去年の十一月にも観に行ったことがありました。
今回は七世中村芝翫を偲んでの上演だそうです。

次から次へと衣装が変わり、舞が変化していく様子は
やはりいつみても楽しませてくれます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

082022/0910
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

フィードバック