月詠龍

エントリー

M3より前のお話ですが先日3つのライブに行ってきました。
昼に月猫とリュート初ワンマン「SANTA ROSE」
夜はさらにu-fullとみとせのりこさんの3アーティスト揃ってのコラボ
「Three Full Moon」
そして次の日にu-fullの「Ship’s log番外編」。
もうどれも本当に楽しみで2月に情報公開されたときから
ずっと待っておりました。

SANTA ROSE

昼は月猫とリュート初のワンマンライブ「
SANTA ROSE。
同アルバムから中心に選曲されたコンセプトライブということで
演奏間のトークなどを挟まず代わりに坂本さんの物語の朗読を挟む形で
曲の世界観に入り込めるような進行形式になっており
まるで絵本とかお芝居を観ているような感覚でした♪

今回は坂本さんのボーカルと
久野さんのリュートだけでなく
宮里さんのリコーダーの古楽器演奏も加わり
前回よりさらに生演奏感が感じられる印象でした。

中でも自分の中で特にアツかった「
新しきものたちへ」が
今回聴けたのが嬉しかったです。
この曲の久野さんのリュートと坂本さんのボーカルの盛り上がりが
とにかくカッコ良い!
そして前回のライブで初披露されて好きになった
「Je cherche mon cherche」も今回はリコーダーの演奏も加わって
とってもノれる演奏だった!

そして演奏後、合間のトークがなかった分ここでは
坂本さんいっぱい語りまくっておりました。w

ライブ後に坂本さんとお話させていただいたのですが
からすりゅうのアイコンですっかり覚えていただけててびっくり!

夜のライブまでしばらく時間が空いていたので
周辺を散策したりご飯食べたりしつつ過ごし
そしていよいよ「Three Full Moon」へ……!

Three Full Moon

u-full、月猫とリュート、そしてみとせのりこさん……
皆、ZABADAKを通じて知ったアーティストであり
この組み合わせはまさに夢のコラボレーション……
前回のShip’s logで報公開された時から
ずっとずっと楽しみに待っておりました。

最初は昼に引き続き月猫とリュートのパート。
昼に演奏されたSANTA ROSE以外の、
アイリッシュなど海外の伝統的な音楽に日本語歌詞をつけたものが中心。
中でもスカボロフェアーの古楽器+日本語歌詞アレンジは
新鮮味があり印象的でした。

次はみとせのりこさんのパート。
みとせさんの歌声を生で聴くのは初だったのですが
揺らぎを含んだ透き通ったその歌声は本当美しく
完全に聴き入ってしまいました……
キルシェのオリジナル曲の他に、ジグに歌詞をつけて歌ったり
日本の童謡も歌ったり(さくらを雪月花というタイトルに変えて
冬バージョンに大胆にもアレンジはすごかった。)

そしてここでu-fullのメンバーと月猫から久野さんが登場し
なんとZABADAKの「満ち潮の夜」のカバー演奏!
まさかこの曲が演奏されるとは、とびっくりしました。

さらにまさかの日比谷カタンさんが飛び入りで参加し
「五つの橋」をその場の全員で即興演奏!!
サプライズの上にさらにサプライズがきた感じで
めっちゃアツくなりました!!
その後、u-fullのパートへ。
「月
冴ゆ」「八十八夜の兎の歌留多」など月に纏わるu-full曲を演奏。
八十八夜はいつ聴いても風流でいいなぁ、とライブでしか楽しめない贅沢を
毎回味わって聴いております。

そして全員でのコラボパート。
久野さんがハーディガーディを弾きたいという理由だけで選んだという
FFCCのOP曲「カゼノネ」まさかここでこの曲が来るとは思いませんでした……
現物も音色も初めて体感するハーディガーディの響きに
yukaちゃん、みとせさん、坂本さんの3人のコーラス……
もうすごく豪華な演奏と素晴らしいアレンジでした……
続いて演奏されたZABADAKの「
Around The Secret」カバーは
やまびこのように重なる3人のコーラスが見事でとても楽しめました!

ライブ終了後、みとせさんと初めてお話させていただいたのですが
普段はなかなかテンションの高いお方のようでびっくりw

Ship’s log番外編

そして次の日はu-fullミニワンマン「
Ship’s log番外編」
前回のワンマンではできなかった曲や普段演奏しない曲をされるとのことで
こちらも楽しみにしておりました。

u-fullの一番最初の頃の曲「シアワセノフクロウ」も演奏されており
貴重な裏話なども聞けて、ストリートミュージシャンだった頃の
u-fullを感じさせるような、そんな演奏でした。

ZABADAK曲のカバーでは「光の庭で」と「遠い音楽」。
「光の庭で」はシンプルな構成ながらコード進行が複雑で
演奏が大変だったとフナハシさんが仰られていて
吉良さんのこだわりを細かい所でもすごく感じてました。
カバー演奏、本家の吉良さんや小峰さんが歌うときとはまた違った
u-fullの暖かさがある演奏と歌声で良いな、と思いました。

おなじみの「遠い音楽」アコーディオンカバーは
去年の同じ頃に同じhomeriさんで初めて聴いたので
その時の事を思い出してました。
u-fullの紡ぐ「遠い音楽」もっと聴いていきたいな……と思いました。

そして今回のミニワンマンのメインイベント(?)
ずっと前からやりたかった、とyukaちゃんも仰られていた
「ウサギのレストランは木の上月の下」のお客さんとのセッション!
楽譜と楽器を持ってないお客さんにパーカッションが渡され(何故かピコピコハンマーも……w)
遊ぶような感じで楽しんで演奏!という流れでした。

自分も一応風部用に用意していたリコーダーをもってたのですが
練習する時間がなくて運指がおぼつかない状態で
まともに老けず恥ずかしい状態でした……w

ZABADAKの風部による「ポーランド」みたいに今後のライブで
定着させていきたいという事で応援していきたいと同時に
自分も演奏できるようにならなきゃな~と思いました。

たっぷりと音楽の世界を堪能した、充実した2日間でした。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

082017/0910
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

フィードバック