月詠龍

エントリー

狐のおなご

狐の女の子。
今描いている絵向けに構想を練ってました。
模様とか配色は仮のもの。


ここのところは、歌舞伎を見に行ったりデザフェスに行ったり
色々行ってました。
歌舞伎はここに書いてないだけで3月から毎月行ってたんですけどね。
感想はツイッター側で沢山呟いてましたが…

今月も昼夜両方の部を見に行ったのですが
なんといっても夜の部の通し狂言、三島由紀夫作・演出の
「椿説弓張月」が大変印象的でした。

源為朝が主人公のこの作品。
上中下の三巻から構成されており
上の巻からいきなり壮絶で悲劇的な展開。

自分の父が夫の敵であったという衝撃と、その境遇に苦しんだ末
海に身を投げる為朝の島の妻、簓江。
息子の為頼も武士を貫き最後には切腹。
子役が殺される場面は初めて見たので
衝撃的でした。

中の巻は幻想的だったり異様だったり大迫力の船の場面だったり
とにかく見どころが多い。
為朝の正室である白縫姫が、為朝を裏切った男を捕らえ拷問にかける場面。
琴の演奏の中、褌の男を竹釘と木槌で拷問にかける美女たち…
怪しくも美しいこんな異様な光景を見たのは初めてです。
(釘を打ち付けた時の血の表現が大変にリアルです…)

海上の場面では大嵐の中船が大きく揺れ動く仕掛けがダイナミック。
白縫姫が海に身を投げ大きな蝶に変身する所は
日本武尊の妃弟橘媛が入水によって嵐を鎮める場面のようです。

下の巻は舞台が一変して琉球となり、衝撃の真実が発覚する。
最後は弓張月の中、為朝が白馬に乗って昇天するというファンタジーで幕。
見どころが多くて面白い演目でした。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

122022/0102
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アーカイブ

フィードバック