月詠龍

エントリー

東北6県ろ~るショー!!in ねりまに行ってきました。
……っても練馬が地元なのですぐ近くだったりします。

ZABADAKの小峰公子さんの出演情報でしかも開催が地元だったので
これは行くしかない!と楽しみにしておりました。

ねりまアニメカーニバル
 

当日は、練馬では毎年恒例のアニメカーニバルです。 
しばらく見たりした後に会場の練馬文化センターへ。 
……っても昔からしょっちゅう行ってるおなじみの場所なんですけどね。 
とはいえこういう演奏を近くで見れる機会は貴重なのでドキドキ。

第一部。始まってすぐに、東京鹿踊の舞。
東北の伝統的な踊りのイントロに、お祭りの血が騒ぎ始める。
そして白崎映美さん他メンバーの登場。
白崎さんの会場を盛り上げぐんぐん引っ張っていくMCトークは
どーんと明るく!!パワーに溢れていてすごかった。
演奏も、東北民謡の節回しにジャズやロックンロール感満載で
パフォーマンスもお祭り騒ぎ、とっても盛り上がる!!

途中、平成狸合戦ぽんぽこの「いつでも誰かが」も演奏。
後にこの曲が実は白崎さんがヴォーカルを務めていた上々颱風の曲だったことを知り驚き。
意外な形でご本家の歌を聴くことができました。
まさに今回のこのお祭り騒ぎにピッタリな曲!!

休憩時間、物販コーナーを見るとZABADAKのアルバムが……!!
ここで第二部にあの曲をやるのかな、と期待が膨らむ。
まだ持っていなかった「いのちの記憶」と小峰さんの書かれた本を入手。
そして上々颱風のベスト盤アルバムも入手。 


第二部 、練馬の子供たちのチームによる元気いっぱいなよさこい節から始まる。

小峰さんのトークが入り、そして福島県民謡をZABADAKが大胆にプログレアレンジした
「相馬二遍返し」の演奏。
プログレにのせた力強いこぶし回し……アルバムでいつも聴いていたのですが
生で聴くと本当にカッコよくてシビれます……
曲中の面を使った舞のパフォーマンスも印象的でした。

そして続く曲はZABADAKの「はじめてうたったうた」。
まさかこの曲も演奏されるとは思わなくてびっくり……!!
初めてなのに懐かしく、日本民謡風でありながら異国風にも聴こえる不思議な曲で
こちらもいつも聴いていた大好きな曲。
いつもアコーディオンで演奏される部分は今回サックスで演奏されていたり
歌詞の部分は白崎さんと小峰さんが交互に歌っていたりと
今回のライブでも新らしく、そして懐かしい響きでした。

その後は、地元の練馬音頭に東京音頭と、次々と色んなチームが参加。
部隊にも巨大ななまはげが登場、そして最後の「まづろわぬ民」では
演奏者だけでなく踊りのチームやパフォーマンスの方たちも登場し
舞台は完全にカオスたっぷりな状態。
会場も参加型の大盛り上がりな感じですっごくパワーに溢れていました!!
いいことどーんと来い!!

演奏後も白崎さんのトークと会場の展開は自由な雰囲気があり最後まで
楽しませていただきました。


演奏終了後、サイン会があるそうなので参加。
小峰さんとZABADAKのかたみわけの事とか、少しお話をさせていただきました。

吉良さんとはお話する機会があったのですが
小峰さんとお話するのは今回が初めて……
お二人でのZABADAKを見れないままだったのが心残りだったこと、
とてもつらかったけど 今回の演奏で沢山元気をいただいた事を伝えた。
小峰さんも音楽の力に助けられた、と仰られておりました。

いのちの記憶 

そして今回入手した「いのちの記憶」に小峰さんの、そしてZABADAKの
サインを入れていただきました。
実はZABADAKファンとして、吉良さんにサインをもらいそびれていた事が
ずっと心残りだったのでとても嬉しかったです。

上々颱風 

上々颱風のベスト盤アルバムのほうにも、白崎さんのサインを入れていただきました!
朧烏じゃないほうの自分の名前も入ってるのでそこは帯で隠してます(笑)
お恥ずかしながら、上々颱風は今回初めて知ったので
東北民謡好きとしてもっと聴いていきたい!と思いました。

白崎さんと小峰さん 

撮影許可をいただいたので白崎さんと小峰さんお二人のショット。
近くで見ると、すごくエキゾチックな衣装!!

6県ろ~るショー、沢山元気をいただきました!!

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

102018/1112
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

フィードバック