月詠龍

エントリー

黄龍

たまにはからすりゅう以外の龍を…
普段自分が使わなさそうな派手な配色を意識してみました。
ちょっぴり黄龍っぽくなりましたが、割と気に入ってます。

先日、東京国立博物館で開催されている
「ボストン美術館 日本美術の至宝」展に行ってきました。
ボストンの日本美術コレクションが見れるという良い機会なので…

正直なところ、最初はこれほどまでの重要な日本美術の数々が
海外にあるというのは少し複雑な心持ちもありました。

しかしコレクションの背景には、明治維新後の西洋化が進む中
軽視され捨て去られようとしていた日本の古美術を守り
さらに素晴らしき日本文化を世界に伝えようと尽力した
モース、フェノロサ、ビゲロー、そして岡倉天心によって
今こうして目にかかれることを知ってからは
本当素晴らしい事だと思うと同時に少し前までの自分の気持ちが
恥ずかしくなりました。

仏像や仏画、二大巻物な見どころが沢山ですが
僕的に特に印象が強かったのはやはり今回日本初公開になった
曽我蕭白の「雲龍図」ですね。
襖絵の形で復元されて展示されてますが
とにかくダイナミックで画面全体から凄まじいエネルギーを感じます。
今回の展示は顔と尻尾の4面で、残念ながら胴体部分は
消失しているとのことですが
それでも貫禄は失われていません。

しかし、画面全体の力強さとは裏腹に
顔の表情はよく見るとどことなく愛嬌を感じるものがありますね。
龍は描き手によって表現が様々で面白いです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

拍手

拍手送信

カレンダー

112021/1201
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アーカイブ

フィードバック